Person

人名 [鶴屋南北 (四世) ] Tsuruya Namboku IV
別名 [大南北] Oonanboku ([通称] Nickname) ,
[姥尉輔] Ubajousuke ,
[伊之助 (本名)] Inosuke ,
[勝 俵蔵 (前名)] Karsu Hyouzou ,
[櫻田 兵蔵] Sakurada Hyouzou ,
[澤 兵蔵] Sawa Hyouzou
ジェンダー [男性] Male
文化的アイデンティティー Japanese
居住国 [日本] Japan
生年月日 [1755 - 1755] 1755 - 1755
没年月日 [十一月 27, 1829] November 27, 1829
現役期間 [Unknown] Unknown
専門ジャンル [歌舞伎] Kabuki
関連地 [江戸(日本)] Edo (Japan) (historic name)
参考文献 [歌舞伎辞典] Kabuki jiten (p.279)
備考 [狂言作者。江戸、日本橋新乗物町(現人形町)生まれ。 初世桜田治助に入門。 1811年南北を襲名。 代表作「天竺徳兵衛韓噺」「東海道四谷怪談」 「時今也桔梗旗揚」「桜姫東文章」「隅田川花御所染」「杜若艶色紫」「累」「盟三五大切」など。 社会の低い階層に生きる人の生活を写実的に生々しく描いた生世話という世界を作る。]

kyogen playwrite. Tsuruya Namboku IV was born in Shinnorimono cho, Nihonbashi in edo.

Associated Items