Piece

作品名 [西行桜] Saigyōzakura
作品別名 Saigyoozakura* ([音写] Transliteration) ,
Saigyôzakura* ([音写] Transliteration) ,
Saigyou-zakura* ([音写] Transliteration) ,
Saigyozakura ([音写] Transliteration) ,
[西行] Saigyou ([前名称] Earlier title) ,
Saigyô zakura ([音写] Transliteration) ,
Saigyô-zakura ([音写] Transliteration) ,
Saigyo zakura ([音写] Transliteration)
作品創作日 [室町時代] Muromachi
創作者・作家 [世阿弥] Zeami [劇作者] Playwright
関連舞台芸術 [能] Noh
関連運動 [現行謡曲] currently performed noh
創作の言語 [日本語] Japanese
作品構成部分 One act
あらすじ [嵯峨の奥に住まいする西行の庵には桜の名木がありました。修行の障り(さわり)になるのをおそれて、今年の春は花見客の訪問を受け付けまいと決心しますが、都の者たちから乞われると、仕方なく見物を許します。都の者たちは今を盛りと咲く桜を愛でて花見に興じます。その様子を見て西行は、花の散るのを静かに眺めて心を澄まそうとしたのに、俗世の人々に妨げられたのは桜のせいであると歌に詠みます。夜になり花の下でまどろんでいる西行のもとへ老人が現れ、桜に罪はないとさとします。そして自分はこの老木の桜の精であると名乗り、物言わぬ草や木もこうした道理を教えさとすことで、今度は悟りえた西行に導かれて仏の知遇を得ることになるのだと喜びます。老木の精は都周辺の名所の桜を案内して西行を楽しませ、やがて夜明けとともに姿を消します。西行が目覚めると辺り一面には雪のように花が散り敷いているのでした。]

Deep in the mountains of Saga a mountain cherry is known as the tree that inspired the poet Saigyō.
備考 [あらすじは文化デジタルライブラリーの能の演目三番目物。]

Old title: "Saigyou no noh." Third Category: Woman (Katsura). *Alternative Rōmaji (Roman characters) spelling. Improper but frequently or possibly used spelling or reading of the Kanji (Chinese characters), or an unorthodox name.
作品サイテーション・掲載元 Japanese Nô Dramas,
Restless Spirits from Japanese Noh Plays of the Fourth Group: Parallel Translations with Running Commentary

Associated Items

関連プロダクション 1982Feb11, Kawamura noh stage, Kanze school of shitekata (Kanze-ryū), Saigyouzakura ,
1971May, Saigyouzakura ,
Performances of the piece 1001492, 1000937, 1001491, 1000936
Components associated with piece 1002471, 1004808, 1004847, 1004898, 1004899, 1005703, 1001492