Piece

作品名 [壇ノ浦兜軍記] Dannoura kabuto gunki
作品別名 Battle of Dannoura, The ([翻訳] Translation) ,
[阿古屋琴責] Akoya ([場及び段の名称] Title for individual scene or act of piece)
作品創作日 [1732] 1732
創作者・作家 [長谷川 千四] Hasegawa Senshi [劇作者] Playwright ,
[文耕堂] Bunkōdō [劇作者] Playwright
関連舞台芸術 [人形浄瑠璃] Puppetry
関連運動 [時代物] jidaimono (historical play)
創作の言語 [日本語] Japanese
作品構成部分 One act only performed: Akoya
あらすじ [頼朝を仇とつけ狙い姿を消した悪七兵衛景清の行方詮議のために恋人の傾城阿古屋が問注所に引き立てられてきた。詮議の指揮をとるのは、正義感にあふれ分別のある人物と評判の秩父庄司重忠。しかし、補佐役として同席した岩永左衛門致連は底意地の悪い人物で、自分の手で拷問にかけて吐かせてみせると意気込む。そうは言われても、知らぬものは知らぬのだから答えようがない阿古屋。理不尽な脅しを怖がっていたのでは苦界は勤められない、いっそ殺してくれ、と身を投げ出す。仕方がない、このうえは・・・と重忠が用意した拷問は、なんと琴、三味線、胡弓の3つを順に弾くというもの。よこしまな心で弾くと楽器の音色が狂うことを知っての詮議だったのだ。その理由を知っていたとしても理解のできない岩永はあきれかえり、また阿古屋も重忠の真意が計りかねて当惑するのだが、言われたとおりに、琴、三味線、胡弓を弾いた。その音色には微塵のかげりもなかった。かくして阿古屋の疑いは晴れる。]

The Genji clan leaders Shigetada and Munetsura call Akoya, a courtesan intimate with Kagekiyo, to the court to force her to reveal Kagekiyo's whereabouts. Shigetada orders Akoya to play the koto, shamisen, and kokyu, reasoning that if she can play the instruments without fault her conscious must be untroubled. Akoya, knowing her lover's saftey depends on her composure, steels herself and plays superbly.

Associated Items

関連プロダクション 1978Feb11, Kokuritsu shōgekijō, Bunraku, Sugawara denju tenarai kagami
Performances of the piece 1004303, 1004338, 1004378, 1006590, 1006591, 1006592, 1006593